東京立正中学校・高校

学校写真

東京立正中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東京立正中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東京立正中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東京立正中学校・高校について

「心の安定を図り、生き方を学ぶ」をテーマに、瞑想教育を実施しています。
清明の尊重と慈悲・平和の教えを基盤に、社会に貢献する人材を育成します。

◎中学校
中学には、基礎学力を育成するスタンダードコースと、ハイレベルな授業を行うアドバンストコースを設置しています。
アドバンストコースでは、中3で高1の先取り学習を行います。

東京立正は、家庭学習を習慣づけるため、「家庭学習ノート」を使用しています。また、家庭学習用の課題として、英数国それぞれ単語・計算・漢字といった基礎力にかかわる課題を毎週、実施しています。
最初は大変ですが、宿題をこなすことにより、勉強習慣もつけられるので、必ず取り組みましょう。慣れてきたら、効率良く宿題を終わらせ、プラスαの勉強にも取り組んでみて下さい。

東京立正は、「コラム学習」に特徴があります。コラム学習は、毎週さまざまなコラム記事の中から、適切なものを担任が取り上げ、原稿用紙に書き写すという学習です。
読むだけでなく、書くことで社会に対する知識や考察力を養います。また、夏休みには写したコラム記事の中から心に残っているものを要約する課題を出しています。
文章を書くことに慣れておく必要があるので、日頃から新聞などに目を通しておくと良いでしょう。

◎高校
高校も、アドバンストコースとスタンダードコースの2コース制です。
アドバンストコースでは、各教科ともハイレベルな教科書、副教材を使用し、受験を視野に入れた学習をします。授業内容も非常に難しくなるので、毎日の予習・復習が欠かせません。
さらに受験を目指しているため、英語、国語、数学の時間が多く、家庭学習の時間も重要になってきます。効率的に学習を進め、毎日しっかり勉強できるようにして下さい。
高2から文系・理系に分かれます。文系も理系も、主要科目の時間数を大幅に増やし、受験に対応します。また、豊富な自由選択で個々の進路を実現します。
さらに、難関校合格のため、夏休みの学習合宿や講習など、学力アップ指導もきめ細かく行います。

スタンダードコースでは、卒業後の進路について、あらゆる可能性に対応できるよう幅広く学習するシステムになっています。選択の仕方によって、各自の進路希望に対応できる仕組みです。
東京立正には、教育提携校である立正大学をはじめ多数の指定校推薦枠があります。また、AO入試、一般公募推薦に対応するため、高3に小論文のための3種類の国語表現が選択できるようになります。
推薦入試対策にも力を入れているので、しっかり学校の勉強についていくことが、入試対策・推薦対策につながります。推薦枠での大学進学を考えた場合、文章構成力はとても大切な力になるので、国語表現の復習をして定着を図って下さい。

ページトップへ