東京成徳大学中学校・高校

学校写真

東京成徳大学中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東京成徳大学中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東京成徳大学中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東京成徳大学中学校・高校について

「成徳=徳を成す」という人間の育成を建学の精神に掲げており、人格の完成の契機となるような教育を理想としています。

中高一貫生・高入生とともに国公立大、難関・中堅私立大への進学を目指しています。

数学は、文系・理系の隔てなく、数学Ⅱ・Bまで学びます。習熟度別に先取りの学習を実施し、各自の理解度に合わせた指導を行っています。
単元終了後には、チェック&ビルド(授業内容の確認・復習)を設けています。「ADVANCEDクラス」(学力上位向け)では入試問題などのハードな問題に取り組み、「STANDARDクラス」(学力標準向け)や「BASICクラス」(学力基礎向け)では、各自のつまずきを洗い出し、理解を深めるようにしています。

習熟度別のクラス編成は、中間・期末テストや実力テストなどから年に4回入れ替えを行っています。なるべく上のクラスにいるためにも、定期テストだけでなく、実力テストも確実に対策していきましょう。

基本的に中2の3学期までに中学の課程を修了し、 中3からは高校数学(数学Ⅰ・数学A)の内容に入り、高2終了時には全課程を修了します。
英語・数学で、在学中に一定以上の成績をとることができれば、高校へ進学できます。
高3の1年間は、大学受験対策期間にあてていきます。

ページトップへ