東京都市大付属中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
東京都市大付属中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

東京都市大付属中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東京都市大付属中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東京都市大付属中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東京都市大付属中学校・高校について

「誠実、遵法、自主、協調」を校訓としています。自由な校風で、生徒が自ら考えて行動する自主性を尊重しています。自分を切り開いていける、精神的・肉体的に強い能動的人間の育成を目指しています。

東京都市大付は、理工系進学者が多く、理数系教育が充実しています。中3から英語・数学は習熟度別授業を実施しており、授業時間数も多めです。なかでも、英語はコミュニケーション重視の授業です。中2までに英検3級取得を目指しています。
理科の実験は、クオリティが高く、伝統があります。6つの理科室で、各学年、年間約20回の実験を少人数制で行っています。5年生(高2)で行う実験は、大学入試に出題される頻度の高い項目も含まれています。

近頃は国語教育にも力を入れており、文系は国公立受験も見据えた選択科目を用意しています。プレゼンテーション授業で表現力も磨けます。
いずれの教科も、レポートや作文を課す機会が多く、文章を書き慣れていないと苦労します。日頃から、新聞の要点を400字でまとめるなどして、文章力を磨いていきましょう。

文系・理系とも他大学受験の対策はしっかりしています。国公立をめざす文系の生徒には、高2でセンター試験の科目をカバーできるよう、数学と理科を選択式にしています。理系では、高3で国語と社会のセンター試験対策講座が選択できます。
こうした学校の対策を利用しつつ、受験勉強を進めていって下さい。

高校在学中の成績が一定の基準に達していれば、東京都市大学へ推薦入学の資格を得ながら、他大学の受験も可能となります
大学受験を有利に進めるためにも、東京都市大付では、しっかり好成績を修めていきましょう。
まずは、毎日の予習・復習を行って、勉強習慣をつけることが大切です。分からないことは、できるだけその日のうちに解決するようにして下さい。

東京都市大学附属中学校

国語

理数系科目に力を入れる一方、近頃は国語教育にも力を入れており、文系は国公立受験も見据えた選択科目を用意しています。1年生から4年生まで週5時間、国語の授業を確保し、読書、作文にも力を入れています。また、国語表現など、発表する力も必要とされると想定し、4年生の文系では1単位のプレゼンテーション授業を用意しています。表現力も磨ける授業です。

宿題

理数系に力を入れていることもあり、宿題は代数、幾何からたくさん出されます。定期テストの際に、ノート提出があるので、宿題と指示されなくても、こまめに進めておいた方が良いでしょう。計画的に進めていないと、定期テスト前がかなり大変になってしまいます。

内部進学

高校へ進学するには、在学中に一定以上の成績をとることが必要です。

ページトップへ