筑波大附属中学校・高校

学校写真

筑波大附属中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、筑波大附属中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
筑波大附属中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

筑波大附属中学校・高校について

筑附は、中学受験の難関共学校の一つです。自主自律の精神に則り、学校内の行事(文化祭・運動会など)は、すべて生徒が主体となって企画運営します。

授業は、非常にハイレベルな内容です。加えて、授業数が多い分、進度も速くなっています。そのため、半数以上のお子さんが通塾しています。

授業についていくためには、先生の口頭での説明までしっかりノートにとり、家庭で復習することが重要です。

通常授業以外にも、総合学習を行っています。この総合学習では、興味や関心に応じて生徒自身が課題を選択し、学習することができます。

筑附では、中学から高校へ約80%のお子さんが内部進学することが出来ます。内部進学は、試験結果と内申書で審査されるので、普段から学校の生活態度・定期テストの点数には注意しましょう。

筑波大附属中学校

英語

『中学必修テキスト』・『NHK基礎英語』を重点的に復習しよう

学校の授業は、教科書よりもプリントを使用して進みます。

宿題としては、『中学必修テキスト』が出されます。他には、『NHK基礎英語』を毎日聞くよう指示されます。定期テストのリスニングは、この『NHK基礎英語』から出題されるので、指示された通り取り組みましょう。

定期テストは、問題の5~8割がリスニング、残りが文法問題です。リスニングは『NHK基礎英語』と、学校で配られるCDから出題されます。また、長文読解問題は『中学必修定期スト』から出されます

この2つをしっかり学習しておけば、定期テストで高得点が狙えます。ですので、宿題として取り組む以外にも、定期テスト前にはきちんと復習しましょう。

数学

教科書の理解が高得点のカギ

数学の定期テストは、ほとんどが教科書から出題されます。授業では『数学問題集』が副教材として使われていますが、定期テスト問題には数題しか出されません。

ですので、まずは、教科書をしっかり理解するようにしましょう。その上で、余裕があったら、問題集の問題を一通り解き直すことが大切です。

国語

定期テスト前に教科書・プリントを読み返すこと

国語の定期テストは、すべて授業内容から出題されます。テスト前には、授業で使った教科書・プリントの問題文を覚えてしまうくらい、徹底して見直しましょう。

テストノート

苦手分野や弱点を克服しよう

定期テストが返された後、「テストノート」の作成が宿題となります。この「テストノート」は、テストの問題を解き直してノートに貼り、まとめたものです。「テストノート」を活用して、苦手分野や弱点を克服するようにしましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ