筑波大学駒場中学校・高校

学校写真

筑波大学駒場中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、筑波大学駒場中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
筑波大学駒場中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

筑波大学駒場中学校・高校について

「自由の駒場」といわれ、自由でのびのびとした校風が特色で、トップリーダーを育てる教育の実験的実践校です。「自由・闊達の校風のもと、挑戦し、創造し、貢献する生き方を目指す」ことを教育の目標としています。
理数系教育の充実・発展のため、文部科学省から「スーパーサイエンスハイスクール」に指定されています。

平日は6限、隔週土曜は4限までで、学校給食はありません。中1・高1では水田実習が行われます。

授業内容は高度で、科目によっては他の中高ではあまり学習しない単元も学習します。また、国語・数学・英語は習熟度別の選択制少人数クラスを採用しています。
筑駒では、独自のカリキュラムに沿って授業が進むため、塾や市販の教材では対策が難しくなっています。日頃から予習・復習を必ず行い、授業についていくことが大切です。

また、筑駒では、文系・理系のクラス分けがありません。「文系でも理系でも幅広い知識が必要」という姿勢なので、まんべんなく学習を進めていく必要があります。苦手科目を作らないよう、自分に合った勉強スタイルを早めに確立して、わからないところはその都度、解決していくことが重要です。

筑波大学駒場中学校

課題

思考力と知識が問われる独自のレポート課題

筑駒では、宿題がない代わりに、レポート課題が多く出されるのが特徴です。レポート課題をこなすためには、思考力と深い知識が問われます。
理解が曖昧な単元・分野があると、レポートを作成するのが難しいため、習ったことはその日のうちに復習し、分からないところをそのままにしないようにしていくことが大切です。

カリキュラム・授業

筑駒のカリキュラムに合わせた対策を

筑駒では、先生がプリントや授業方法を研究・工夫し、独自のカリキュラムを実施しています。そのため、筑駒の成績を上げるには、筑駒のカリキュラムをきちんと分析した上で、これに合った対策を行うことが不可欠です。

また、英語・数学では小テストが頻繁に行われます。家庭学習で計画的に対策を進め、しっかり点数を取っていきましょう。

進学

東大・私大医学部への進学希望者が多数

高校へは希望者全員が進学できますが、入学試験があります。内部生と外部生は、高1から混合クラスです。
高校からは、筑波大学への推薦は一切ありません。そのため、東大か私大医学部への進学を希望する生徒が多く、東大合格実績は80名(2012年度)を超えています。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ