早高院・中学部

学校写真

早高院・中学部のご家庭の方へ

このページでは、早高院・中学部のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
早高院・中学部でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

早高院・中学部について

早高院は、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)として、高大一貫教育を活用したプロジェクトを展開しています。

また、企業・NPO・NGOと連携して、環境問題や企業経営について学ぶなど、多彩なプロジェクト活動も展開しています。

ほぼすべてのお子さんが付属の早稲田大学へ進学するため、高校生のうちから大学を意識した専門的な授業を受けることができます。

具体的には、高校のうちに大学の授業を聴講し、単位が認められる「単位先取り制」や、研究所の見学・国外研修などもあります。

ただ、受験がないからといって、学習面でのんびりできる訳ではありません。成績は、学期末にある「校内統一テスト」の結果のみで決まります。

早高院の授業はとてもハイレベルな上、授業態度・提出物などの平常点がないため、この「校内統一テスト」で高得点を狙う必要があります。

ただ、「校内統一テスト」は範囲が広く、テスト直前の勉強だけでは対応できません。
ですので、日ごろから予習・復習をしっかり行うことが不可欠です。これを行わないと、テストで点が取れないばかりか、授業についていけなくなり、留年する可能性もあります。

大学付属校だからと安心することなく、積極的に勉強に取り組んでいくようにしましょう。

早高院中学部

授業

高大一貫教育を活用した授業

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)として高大一貫教育を活用した、算数・理科に特化したプロジェクトを展開しています。早大学院では、通常の授業では深く取り上げることのできない内容や、学習指導要領の範囲を超えるような高度な内容を扱うことによって、大学での学術研究の橋渡しとなることが目的です。

こうした取り組みにより、他の高校生よりも早い段階で、大学での学術研究について考えることができます。SS科目を通じて、様々なことへの興味・関心を深めましょう。

定期テスト

校内統一テストで高得点をとるには

早大学院では、ほとんどの生徒が附属の早稲田大学へ進学するため、受験勉強の必要はありません。ただ、受験がないからと言って、のんびりした学校ではなく、期末に校内統一テストがあります。この校内統一テストだけで成績が決まりますので、テスト前だけ勉強するのではなく、日ごろから予習・復習をきちんとやっておく必要があります。大学附属だからと安心することなく、積極的に勉強に取り組んでいくようにしましょう。

進学

約99%が早稲田大学へ進学

早稲田大学への進学は、成績と希望順に決まります。進学する際、学部選抜制度(面接)があるものの、約99%が早稲田大学へ進学しています。また、早稲田大学にない学部を志望する生徒は、他大学へ進学しています。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ