文華女子中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
文華女子中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

文華女子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、文華女子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
文華女子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

文華女子中学校・高校について

文華女子は、建学の精神に「質実・貞純・勤勉」を掲げています。人として、また女性としての、豊かな心を育てるため、学校の敷地内に建つ「家庭教育寮」で宿泊体験学習を行っています。2泊3日の日程で、中3生は家庭の一員として、高3生は家庭経営の視点で実習を行います。

カリキュラムは、中高6年間を3期に分かれ、「基礎充実前期」「基礎充実後期」「直前対策期」に適した授業を展開しています。
英語・数学は、中1から2段階の習熟度別授業です。
英語では、ボキャブラリーを豊富にするため副教材に『トレジャー』を使用しています。この『トレジャー』自体、非常に難しい教材なので、学校の授業以外に自主的に勉強を進めておいてください。

その他、昇級式英単語テストを3年間実施します。英単語テストで着実に点数がとれるようになれば、相当な語彙力が身に付きます。単語は、入試に直結する基礎でもあるので、しっかり対策して得点していきましょう。

中3からは高校課程の内容に入ります。進度が速くなっていますので、文華女子のカリキュラム・授業に合わせて対策していくことが大切です。

文華女子中学校

基礎充実前期(中1・中2)

分からない単元はその都度克服すること

文華女子では、先取り学習を行っており、中1から中3の2学期までに、中学3年間の内容を学び終えます。進度が速くなっているため、分からない単元があると、授業についていけなくなってしまう可能性があります。
ですので、分からない単元は、その都度、先生に質問するなどして克服し、しっかり理解することが大切です。

基礎充実後期(中3・高1)

基礎を定着させよう

高校からは、「大学進学コース」と「総合進学コース」に分かれます。高3の1年間を入試対策に充てるためにも、この基礎充実後期に、基礎を完璧に定着させる必要があります。授業で習った内容は、その日のうちにしっかり復習し、完璧に定着させましょう。

直前対策期(高2・高3)

自主的に応用問題・演習に取り組もう

文華女子は、高2・高3を一貫教育で学んだ内容の総括を図る完成期としています。「大学進学コース」と「総合進学コース」とも、文系・理系・文理系に分かれて学習していきます。
ただ、上位難関大学への進学を目指す場合、学校の勉強だけでは不足してしまう可能性があります。そのため、自主的に応用問題や演習に取り組むことが大切です。

学習のフォロー

授業以外にもきめ細やかな学習のフォローがある

授業は、1クラス20名程度の少人数制授業で、細やかな指導を行っています。
授業以外でも、平日の放課後は希望者を対象に、スクールチューター制度を実施し、主要5教科の定着をサポートします。また、高校では、土曜日の午後から入試レベルの特別講座を実施しています。加えて、夏休みには、全生徒を対象に夏季特別講座があります。

こうした学校側からの学習のフォローを利用して、基礎学力の定着に努めて下さい。大学受験をされる場合、積極的に特別講座に参加し、入試に即応できる力を養っていきましょう。

ページトップへ