聖学院小学校
指導実績全国ナンバー1

聖学院小学校
に強い家庭教師が
お子さんの学力・成績を上げます!

自信があるからできる
成績保証制度をご用意しています

学校写真

聖学院小学校のご家庭の方へ

私たち一橋セイシン会は、全国でただひとつの私立校専門の家庭教師です。創立20年以上にわたり、これまで数多くの聖学院小学校のお子さんを指導してきました。

このページでは、聖学院小学校のカリキュラムや成績を上げるポイント、教材などの特徴を解説しています。授業・宿題・テスト・進級・内部進学等でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

聖学院小学校の特長と対策ポイント

カリキュラム

英語の教育に熱心で、「英語の聖学院」と呼ばれます。授業は小1から開始され、週2時間です。クラスを2つに分けた少人数授業で、ネイティブ教師3名と日本人教師1名による系統的指導を行っています。
算数の学力向上に力を入れており、まずは基礎となる計算力の定着を目指して、毎日「5分計算」が実施されます。小6で中学分野の一次方程式までがカリキュラムに組み込まれています。

10分間読書を毎朝行っています。日記指導も行っており、毎日日記をつけながら、文章表現に磨きをかけています。
また特徴的なのは、小1~6まで、ディベートも含んだ「表現」の授業が週1であることです。

小1から図工・音楽・体育・英語・ハンドベル・情報・理科・家庭科の教科は、専科教師が指導しています。

小4~6には、月一回の「Sテスト(聖学院テスト)」(漢字と計算のテスト)が行われ、年度末には高得点をとった児童への表彰があります。

学習のポイント

算数はオリジナルテキストを使って授業をしています。毎時間の計算(5分)と組み合わせることで、基礎力・応用力をつけることができます。また、検定教科書よりも、かなり難度の高い教科書なので、応用力が養えます。

ただ、かなり難しい内容のため、復習は必須です。学校で指示が出されなくても、習った内容はその日のうちにやり直す習慣をつけましょう。とくに理解が曖昧だった単元は、必ず取り組むことが大切です。

聖学院は、宿題の中心に「自学」を据えています。
「やるべきことを自分で考える」ことを重要視しています。中学に進学した際には、「自分で何をすべきか考えて自主的に学習を進めていく」ことができなければ、聖学院では授業についていくのも難しくなってくるでしょう。

小学生のうちから、自主的に、計画的に学習をする習慣をつけることがとても大切です。正しい自学自習のやり方は、すぐには身につきません。毎日の積み重ねが重要なので、まずは宿題をきちんとこなすことから始め、プラスアルファで授業の予習・復習をできるようにしていきましょう。

内部進学

一定の学力基準に達していれば、進学できます。

聖学院小学校のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、聖学院小学校のカリキュラムは、授業の内容やテスト傾向、進度、使っている教科書や教材など、どれも他の私立小とは異なっています。ですので、聖学院小学校のお子さんの成績を上げるには、教える側が聖学院小学校に詳しいことが必要です。私たちの会では、これまで数多くの聖学院小学校のお子さんを指導し、成績を変えてきました。

聖学院小学校に強い家庭教師ができること
  • 聖学院小学校のカリキュラムに合わせた指導ができます
  • 苦手科目を短期間で解消します
  • 聖学院小学校のテスト傾向に合わせた対策をします
  • 聖学院小学校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 中学進学後に困らない学力を身につけます

他にもありますが、主なものを挙げるとこうなります。聖学院小学校に詳しい家庭教師をお探しの方は、まずは当会の資料をご請求ください。もしくは、下記のフリーダイヤルより直接ご相談・お問い合わせいただければと思います。

私立専門家庭教師 一橋セイシン会

ページトップへ