私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

私立専門・家庭教師
指導実績 全国NO.1!

成蹊小学校
定期テストの
点数を上げます!

成蹊小学校に準拠した指導ができます。

私立専門・家庭教師のメガスタ(旧・私立専門 家庭教師の一橋セイシン会)の成蹊小学校専門対策ページにお越しいただき、ありがとうございます。
成蹊小学校のご家庭から「うちの子に合う塾がない」「成蹊小学校のテスト対策や補習ができる先生がいない」というお悩み・ご相談をよく聞きます。
成蹊小学校のご家庭で、お子さんの学習面でお困りの方にとっては、役に立つ情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

私立専門 家庭教師メガスタ

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

成蹊について

成蹊では、「個性を持った自立的な人間の創造」を教育目標に、基礎教育の真髄である自学自習の習慣と個々の「心の力」を発揮する土台の確立を目指しています。

3学期制、完全週5日制です。小1~4は1学級28人と、少人数のクラス編成になっており、小1・小3終了時に組替があります。
また、成蹊の授業は公立校と比較しても進度が速く、難易度が高いものとなっています。

成蹊独自の日記指導

成蹊では、小1~6までの全学級にわたって、日記指導が行われるのが特徴です。日記指導では、教師と子どもとの心の交流や、書くことによって「現実から学び取っていく姿勢を育成すること」を目的としています。

「本物」に触れる理科・社会の授業

小3・4になると、新しく「理科」「社会」の授業が始まります。理科は実験器具を活用しての授業、社会科は周辺地域への社会科見学や調べ学習など、「本物」に触れる学びの姿勢を重視しています。

小6からは「こみち」の授業が始まる

小5・6では、「自ら考え行動する力をつけること」を目指します。小5から教科担任制が始まり、授業もより高度に、専門的になります。

また、小6になると、成蹊独自の「こみち」の授業が始まります。図書館学習を通じて、「自学自習」の習慣を身につけたり、自ら計画を立て、学習をまとめる「卒業研究」を行ったりしています。

学習のポイント

「自学ノート」を活用して自学自習の習慣をつける

成蹊は、自学自習の習慣づけを大切にしており、「自学ノート」を活用しています。「自学ノート」では、自分で学習するテーマを見つけ、家庭学習を進めて、先生に見てもらいます。

この「自学ノート」を活用し、中学年までには、自主的な家庭学習の習慣を養っておきましょう。

日記指導ではひらがなやカタカナの勉強も

日記の宿題では、「先生との交流を深める」というだけでなく、付随して、ひらがなやカタカナの勉強もします。 日記指導は小1から始まり、宿題でひらがな・カタカナのプリントも出ます。ひらがな・カタカナの知識は早い段階で身につけておくことが大切です。

算数の授業は、板書メイン

成蹊小の算数では、『新小学問題集』『新しい算数』を使用しています。授業は、教科書を使用しながら、板書をメインに進みます。

定期テストは教科書から5割、問題集から5割の割合で出題されます。教材の内容を逸脱した難問は出題されませんが
1つの問題につき複数の考え方を書かせるなど、思考力をみる出題も見られるため、答えだけではなく、解き方に対する対策も必要となります。

国語は漢字を重視

国語の授業では、教科書に載っている文章の読解の他に、ディスカッションや発表、漢字を中心に学習します。

自宅学習として、漢字の自学ノートが配布され、自分で漢字を調べ、練習するようになっています。宿題としては、文章の段落分けや漢字練習が出されます。

             

社会は授業の内容が重要

社会の授業では教科書に好学出版の『コア』を使用しています。宿題はほとんど出されません。

定期テストは教科書の内容から4割、問題集から4割、残りが授業での板書から出題されます。

また一問一答形式の平易な内容から高度な記述問題まで出題されるため、授業の内容を正確に学習しているか、復習をきちんとしているかが、テスト対策のポイントとなります。

内部進学

内部進学の条件は全5回のテストの評定で平均6.0以上

併設の成蹊中学校への内部進学の条件は、1学期~3学期の全5回のテストの評定で平均6.0以上です。
成績の評価はテストの知識・理解を95%取っている生徒はA°、90~85%がA、80~65%がB、60%以下がC評価となります。
他校を受験する児童は、例年5~6名程度で、成蹊小学校の卒業生の約3割が成蹊大学まで進学します。

お子さんは以下のようなご状況ではありませんか?

成蹊小学校では、

  • 学校行事が多くてなかなか勉強しない
  • 単元テストで追試・補習になる
  • オリジナルテキストやプリントに対応できない
  • 宿題がこなしきれない
  • 習い事と両立させたい
  • 内部進学したい

というお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます
私立専門・家庭教師では、これらのお悩みに対し、以下のようなことができます。

  • 成蹊小にあった指導をします
  • 単元テストで70点以上取らせます
  • 最小の努力でテストで点数をとれるようにします
  • 学習習慣をつけさせます
  • 内部進学対策を行います

訪問型の家庭教師、オンライン家庭教師どちらでも選択できます

オンライン指導でも訪問型指導と同じ学習指導がうけられます!

メガスタのオンライン指導なら、どこにお住まいでも成蹊小学校の対策ができます。映像授業とは違い、顔と手元を同時にパソコンに映しながら、リアルタイムで指導を行います。成蹊小学校の授業で理解が不足している箇所や、定期テスト対策まで指導を行います。
ご自宅に家庭教師が訪問できない地域にお住まいの方や、自宅が最寄駅から離れているという方はもちろん、自宅に講師を呼ぶのが負担に感じるというご家庭の方にもご利用いただいています。


日本で唯一メガスタだけ画期的な指導システムを用意

「顔(表情)」と「手元」を2画面で同時表示できる日本唯一のオンライン指導システム

  • 生徒の微妙な表情の変化や、手元の動きを見逃さず、指導内容を調整できます。
  • 手元が鮮明に写るので、質問や問題を解きながらの解説もスムーズです。
  • 安定稼動率は99%以上。途中で切れたり、会話にタイムラグが発生する心配はほとんどありません。
    ※ご自宅のネット環境に不具合が発生した場合は除きます。

かんたん動画で分かる!

実際のオンライン指導の様子を
動画でご覧いただけます。

「メガスタって?」 「どんな指導をしてくれるの?」 「オンライン指導でも成績が
上がるの?」
など、みなさんの疑問を映像で解決!
家庭教師によるオンライン指導の様子もご紹介します。

成績保証・返金保証、2つの保証制度のご案内

安心して指導をスタートしていただくことができます

メガスタでは生徒さん、保護者の方に不安なく家庭教師を始めていただくために2つの保証制度を設けています。

前回定期テストより点数が上がらなかった場合に、最大1か月分の追加授業が無料になる「成績保証制度」。

また、オンライン指導を受けていただき、指導を続けることができないと判断された場合、頂いた入会金15,000円と4回(コマ)分の授業料を全額返金させていただく「返金保証制度」もご用意しています。

どれも私立専門家庭教師として自信を持っているメガスタだからできる保証制度です。ぜひ安心してメガスタの家庭教師をご利用ください。

成績アップのために全力を尽くします!
成蹊小学校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

ご存知の通り、成蹊小学校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、成蹊小学校で成績を上げるには、「日成蹊小学校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの成蹊小学校のお子さんを指導してきました。私立専門家庭教師のメガスタが成蹊小学校に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

  • 成蹊小学校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 「全国で唯一の私立専門オンライン家庭教師です
  • 成蹊小学校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 「内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます

成蹊小学校に詳しい家庭教師をお探しの方は、ぜひメガスタにお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!