共立女子第二中学校・高校

学校写真

共立女子第二中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、共立女子第二中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
共立女子第二中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

共立女子第二中学校・高校について

共立女子第二では、「女性の自立」を建学の精神として掲げ、「誠実」「勤勉」「友愛」を校訓に、「高い品格を備えた女性の育成」を目指しています。
他大学受験にも力を入れており、講習や模試を積極的に取り入れて、実績をあげています。

カリキュラムでは、中3から、進路に応じてAPクラス(Advanced Placement Class:特進クラス)とSクラス(Standard Class)に分かれて授業が行われます。
APクラスでは、難関大学合格を目標に、5教科を「深化・発展」させた学習で受験に対応する力をつけていきます。
Sクラスは、多様な生徒の希望に合わせて、基礎学力を充実させ、学力を向上させることを目指しています。
高2からは、さらに「文系コース」「理系コース」「文理コース」「国立コース」「文系特進コース」に分かれ、高3になると、「国立コース」が「国立文系コース」と「国立理系コース」に分かれます。

クラスによって授業の内容・進度が異なるので、共立女子第二の成績を上げるためには、授業に合わせた対策を行っていくことが重要です。

共立女子第二中学校

補習・講習

積極的に活用して苦手を克服しよう

共立女子第二では、補習・講習が充実しています。
具体的には、長期休暇中や放課後の補習・講習、サマーゼミ、スプリングゼミ、ウィンターゼミ、高3向けの大学受験講座、英検・漢検対策の検定講習、数学の先取り学習を行う講座などがあります。
補習では指名制のものもあり、英語・国語・数学の3教科で、中学生を対象に、それぞれ週1回行われます。

共立女子第二では、独自のカリキュラムに沿って授業が行われるため、塾や市販の教材では対策が難しくなっています。こういった機会を積極的に活用して、苦手を克服していきましょう。

内部進学

外部生は積極的に家庭学習を進めることが大切

内部進学については、日常の基本的生活に問題がなければ、全員高校へ進学できます。高1に占める内部生の割合は約76%で、内部生と外部生は、高2から混合クラスになります。

高1の時点では、外部生と内部生で進度に差があります。そのため、外部生は家庭でも積極的に学習を進め、出来るだけ早く内部生に追いつけるようにしましょう。

大学進学

他大学受験には「併願型特別推薦制度」を活用

共立女子第二では、大学進学にあたり、「併願型特別推薦制度」を採用しています。
これは、共立女子大学・短期大学に推薦で合格していても、他大学への受験が認められる制度です。11月~12月頃に、共立女子大学・短期大学の「併願型特別推薦入試」を受けることで、合格を確保することができます。

大学受験において、合格は精神的に大きな支えになるので、この制度は出来る限り活用するようにしましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ