明法中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
明法中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

明法中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、明法中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
明法中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

明法中学校・高校について

明法は、「知性を磨き、よい習慣を身につけ、社会のため、国家のため、人類のために役立ち、世界平和に貢献できる人間を育成する」ことを建学の精神としています。

授業に集中し、宿題を果たし、毎日復習するという基本的態度の養成を目指し、自学自習の習慣をつけることを奨励しています。

また、中学・高校とも朝学習を実施しています。
中学では、8時30分~10分間の朝読書が中心です。高校では、基礎力定着を図るため、英語・国語・数学の小テストが中心になっています。しっかり勉強して小テストに臨むようにしましょう。

明法は、学校側からの学習フォローが手厚く、生徒一人ひとりをきめ細かく見てくれます。例えば、生徒の苦手なところをよく把握した上で、それに応じて宿題・補習・小テストの量を一人ひとり変えるなどしています。

出来るようになるまで何度も宿題が出され、小テストをするという流れを繰り返すことになるので、分からない単元・問題が多いと、その分宿題も増えます。

ただ、その場合、
「宿題がこなしきれない」→「わらかない単元が増える」→「さらに宿題量が増える」
という負の連鎖に陥ってしまい、苦労してしまうケースもあります。

宿題に学習ペースを乱されないためにも、分からない単元・苦手科目を作らないよう学習していくことが大切です。
そのためには、授業で習った内容はその日のうちに確認し、予習・復習をしっかり行うことです。

塾や予備校に通う時間を作るのも、なかなか大変だと思いますので、できるだけご家庭でできる勉強をしていくようにしてください。明法のカリキュラム・特殊教材に合わせ、しっかり対策していきましょう。

明法中学校

英語

自分なりの学習のリズムを確立しよう

教科書は中高一貫校用の『New Treasure』を使用しています。この『New Treasure』は、検定教科書に比べ、語彙数が多い上に、難度が非常に高くなっています。

きちんと対策していかないと、授業についていけなくなってしまう恐れがあります。準拠の問題集があるので、習った単元はすぐに問題集で復習するようにしましょう。

また、授業は、習熟度別クラスで行われます。
中3の英会話の授業は1グループ10名程度の小集団で行い、早期の英検3級・準2級取得を目指しています。学校の授業だけでなく、ご家庭でも検定の対策をしていくことおすすめします。

「短時間でも”毎日”勉強すること」を習慣化させるために、宿題がほぼ毎日出されます。授業の予習・復習、小テストの勉強に加えての家庭学習は、慣れないうちは苦労してしまうかもしれません。ですが、このサイクルに慣れると、自然と実力がついてきます。授業も家庭学習もおろそかにすることなく、勉強に取り組みましょう。

学習フォロー

補習・補講を利用し、学力を養成しよう

明法は、講習や補習が充実しています。
「実力養成講習」は、中学では、問題演習が行われます。また、高校では大学受験に備え、入試問題解説を実施しています。
この講習で、早くから入試問題に慣れることができますので、大学受験をされる方は、復習をしっかり行いましょう。

「実力養成講習」以外にも、通常の放課後に実施する「日常講習」や、夏・冬・春休みなどに実施する「長期休業講習」があります。
その他、「補習・自主勉強会(中1・中2)」「受験対策講座(高3)」「難関大学対策個別指導プロジェクト」なども実施されています。

こういった補習・講習を利用し、苦手の穴埋め、基礎の定着をしっかり行いましょう。

ページトップへ