武蔵野東中学校

学校写真

武蔵野東中学校のご家庭の方へ

このページでは、武蔵野東中学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
武蔵野東中学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

武蔵野東中学校について

武蔵野東では、「子の幸せを願う親の心」を原点として、「常に子どもから学びつつ、一人ひとりの子どもの可能性の極限をめざす愛の教育をとおして、世のため人のために尽くす、心豊かでたくましい人間を育てる」という教育理念を掲げています。
独自の「生命科」や自閉症児と共に学校生活を過ごす「混合教育」が特徴です。

高校受験に向け、中1から独自のカリキュラムで授業が行われており、難関校の合格実績を上げています。
中3では、全員参加の「特別進学学習」を放課後に週3回行っています。「特別進学学習」はゼミ形式のグループ学習で、自分の弱点補強や過去問題研究、個別の志望校対策などの指導を行います。

また、必要に応じて随時補習を実施し、長期休暇中には中2で夏期講習、中3は春期・夏期講習が実施されます。さらに、月1回、校内模試も行われます。
状況や志望校に合わせて、苦手な部分や入試に出やすい部分から優先順位をつけて学習を進めましょう。補習や講習を積極的に活用して、苦手を克服することも有効です。

武蔵野東で良い成績をとることがそのまま高校入試対策にもつながるので、しっかり授業についていくことが重要です。
早いうちに自分に合った学習スタイルを確立し、日々の勉強を効率良く進めることが、成績を上げるためのポイントです。

武蔵野東中学校

授業

主要教科はほとんど習熟度別授業に

英語と数学は少人数の習熟度別授業です。特に英語では、中1・2で「中3までに英検2級以上を取得すること」を目標にした特別コースが設けられます。
中3になると、その他の主要教科と論文(国語の一部)も少人数制の習熟度別授業になります。

クラスによって授業内容に差があるので、上位校を目指している場合には、テスト対策をしっかり行って、上位のクラスを目指すことが必要です。

家庭学習

「プランノート」に沿って計画的に学習しよう

武蔵野東では、家庭学習を自主的に進められるよう、オリジナルの「プランノート」で勉強の計画を立てます。習ったことはその日のうちに復習して、分からないところを残さないようにする習慣を身につけ、「プランノート」に沿って計画的に学習を進めましょう。

カリキュラム

高校の入試対策に向けた先取り学習

武蔵野東では、先取り学習を取り入れています。英語は中2までに中学校の内容を終え、その他の教科も、中3の1学期までには高校入試対策に入ります。
先取り学習のため、授業の進度は速いです。予習・復習を必ず行い、分からないところは積極的に質問をして、すぐに解決することが大切です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ