日大第三中学校・高校の定期テスト対策 | 私立専門・オンライン家庭教師のメガスタ
私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

私立専門・家庭教師
指導実績 全国NO.1!

日大第三中学・高校
定期テスト
点数上げます!

日大第三中学・高校に
準拠した指導ができます。

私立専門・家庭教師のメガスタ(旧・私立専門 家庭教師の一橋セイシン会)の日大第三中学・高校専門対策ページにお越しいただき、ありがとうございます。このページでは、日大第三中学・高校のカリキュラムや定期試験、内部進学対策について解説しています。
日大第三中学・高校のご家庭から「うちの子に合う学習塾がない」「日大第三中学・高校のテスト対策や補習ができる先生がいない」「子どもの成績がアップしない」「試験で結果が出ない」というお悩み・ご相談をよく聞きます。
日大第三中学・高校のご家庭で、お子さんの学習面でお困りの保護者の方にとっては、役に立つ情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

私立専門 家庭教師メガスタ

日大第三中学・高校について

日大第三中学・高校の定期テスト対策、成績を上げるには

日大第三中学・高校にお通いのご家庭ならご存じのとおり、日大第三中学・高校のカリキュラムは特殊です。授業の内容・進度・使っている教材など、公立校と異なる部分も多く、日大第三中学・高校独自の特色のある教育が行われています。とはいえ、日々の授業で取り扱う内容の多くは基本的な内容が中心です。(もちろん学年が上がるにつれ内容は高度になっていきます。)
また、成績を決める上で最も重要となる「定期テスト」は、原則として授業でやったことから出題されますし、出題範囲も決まっています。
さらに、教科書・問題集・プリントなど、各教材のどれから何割くらい出題されるかも大体決まっているので、その傾向さえ把握していれば点数は取りやすいのです。

日々の学校の授業をきちんと理解できるようにした上で、日大第三中学・高校の定期テストの傾向に沿って対策をしていけば、日大第三中学・高校の成績は必ず上げることができます。

日大第三中学・高校の校風・特色について

日本大学第三中学校・高等学校は、男女共学の私立校で日本大学の特別附属校です。 「明・正・強」の建学の精神を掲げている学校です。

           

3学期制の学校で、成績は段階評価ではなく点数でつけられます。

           

高校では、高入生(高校から入ってくる生徒)と内進生との学力差が出てしまいます。内進生はそのつもりで、中学3年間をきちんと勉強して過ごしていかないと、高校になってから苦労します。成績次第では、日大への推薦がもらえなくなる可能性もあるので、付属校だからといって油断せず、しっかり勉強するようにして下さい。中学生のうちに家庭学習の習慣をつけておくことが、高入生との差をつくらないコツです。 日大への推薦は、基礎学力到達度テストの結果に基づき、年間を通して数回セレクション(テストの結果による選抜)が行われます。基礎学力テストは、出題範囲が高1から高3と幅広いため、十分に対策しておく必要があります。日大へ進学を希望する場合は、基礎学力テストで良い点数を取り、希望する学部に進学できるよう、できるだけ早いうちに対策を始めなければいけません。希望学部によって評定基準は異なります。 高3の場合、4月に英数国を受験し、9月は英数国に加えて、文系は社会、理系は理科を受験します。 また、Ⅰ類の日大第一志望とⅡ類の他大学併願志望に分かれます。どちらを志望するかで、勉強のやり方が変わるので早めに決めておきましょう。

日大第三中学

                 
                    
数学

日大第三の数学は「数学演習」として、教師3名によるチームティーチングを行っています。また、単元ごとに検定(通過テスト)を行っています。この検定で点数が取れるように対策していくことが大切です。この検定に合わせて、復習を徹底して行うようにしましょう。そうすれば、自然と基礎学力がついていきます。

               
                    
英語

英語は週1時間の演習授業を設置しています。 また、中1からネイティヴスピーカーの授業を行い、生きた英語力を身につけます。レシテーション(暗唱)形式のスピーチコンテストも開催しています。 使用教科書は『NEW CROWN』です。定期テストは大問1がリスニング。教科書の本文がそのまま出題されることが多いです。穴埋め式の問題がほとんどで、記述式ではなく、選択式がほとんどなので、それほど難しくはないでしょう。

             
                    
国語

国語では、読書マラソンや短歌創作などを行います。読書マラソンは3年間で42,195ページの読破に挑戦することになるので、文章に対して苦手意識があると大変です。苦なく文章を読み進められるよう、日頃から活字を読むことに慣れておくと良いでしょう。意識的に新聞などに目を通すようにしてみて下さい。

  

日大第三高校

                 
                    
英語

日大第三高校の英語の授業は、コミュニケーション英語と英語表現に分かれており、コミュニケーション英語では「LANDMARK」(啓林館)の教科書を使用します。                その他、「英単語ターゲット」や「プリント」を用いて授業を行い、英単語の小テストが実施されます。英語表現の授業では「Vision Quest」(啓林館)とプリントを使用します。どちらの定期テストも教科書とプリントからがほとんどで、類似問題が出題されます。

               
                    
数学

日大第三高校の数学の授業は、啓林館の教科書とアドバンス(育伸社)の問題集やプリントで授業を行い、宿題も出ます。定期テストは問題集とプリントの中からの出題が半々くらいです。

             
  
                    
授業・テストについて

数学や化学など、授業で取り扱う教材の中に基礎学力到達度問題集「チャレンジ」が用いられます。日大系列の高校は、毎年4月、高3では9月にも基礎学力到達度テストが実施され、内部進学できるかどうかの基準がこのテストの成果で決まります。
赤点の基準は30点以下となっているため、授業で扱う教材などをこなしつつ、基礎学力到達度テストを攻略するための勉強法が必要となってきます。

                    
補習について

国語、数学、英語では、放課後に、理解の浅い生徒さんを対象とした指名制の補習を行っています。また、さらなる学力向上を目指す生徒さんにも、個別指導やグループ補習を行っています。夏休みには、夏期講習も行っています。
このように、三高では、補習や講習が充実していますが、大切なのは授業を良く聞いて家庭学習をおろそかにしないことです。授業で習った内容はその日のうちに復習する習慣をつけて、理解不足を積み重ねないようにしましょう。

日大第三中学・高校の
成績を上げるために
メガスタの家庭教師が
できること!

基礎的なことに抜けがある場合

苦手科目・単元の原因の大半は、前に習った内容の理解不足です。
ですので、基礎的なことから抜けがある生徒さんには、家庭教師が前の学年の内容までさかのぼって教え直して、苦手の原因を解消していきます。

現在の学校の授業についていけない場合

「学校の今の内容がわかりづらい」という生徒さんには、学校の授業についていけるように、家庭教師が日々の学校の授業内容を理解させるようにしていきます。

定期テストの傾向を分析、テストに出るところを対策

学校の定期テストは、模試と異なり、出題範囲が決まっているテストです。
また、教科書・問題集・プリントなど、どの教材から何割くらいテストに出るかもほぼ決まっています。家庭教師が直近のテスト傾向も分析した上で、次の定期テストに出やすいところを集中的に対策し、お子さんが点を取れるようにしていきます。

勉強のやり方から教えます

家庭教師は、単にわからないところを教えるだけの存在ではありません。
日大第三中学・高校で良い成績を取るための「勉強のやり方」から指導していきます。また、家庭教師が指導する日以外の時間に何をするかも指示し、学習習慣も定着させていきます。



大まかですが、メガスタの家庭教師がこうした指導を行うことで、お子さんの成績を上げていきます。

メガスタと塾・予備校、どちらが最適?

集団形式の塾(予備校)は、学校のカリキュラムと合わない

集団授業の塾・予備校の場合、カリキュラムや進度、教材があらかじめ決まっています。
ですので、日大第三中学・高校のカリキュラムとは内容も進度も合いません。
また、集団授業の塾の場合、基本的に個別対応は期待できないので、お子さんが塾に合わせて勉強をしなくてはなりません。

完全1対1のマンツーマン指導

個別指導塾の注意点は、実際は先生1人に対して生徒が2~3名という塾が多いことです。
一方、私立専門メガスタの家庭教師は、完全1対1のマンツーマンで指導します。同じ90分指導でも、1対2~3の指導よりも、お子さん一人だけにじっくり時間をかけて指導することができます。
日大第三中学・高校にお通いの生徒さんで、「苦手科目がずっとそのままになっている」「基礎的なことから抜けが多い」「勉強のやり方がよくわかっていない」という生徒さんには、私立専門の家庭教師が最適な選択肢と言えるのではないでしょうか?

基礎学力到達度テストを攻略する3つの方法

日大進学を目指す、日大付属校生の方へ

日大付属校に通われているご家庭ならご存知の通り、「基礎学力到達度テスト」は全国の日大付属校生を対象に実施されるテストです。その結果が、どの学部に内部進学できるかに大きく影響します。

内部進学を目指すご家庭にとって、基礎学力到達度テストの点数をいかにとるかが重要となってきます。

当会は私立専門家庭教師として、創立20年以上に渡り、多くの日大付属生を指導してきました。実績は全国でもトップクラスで、日大付属生の成績を上げるノウハウがあります。

訪問型の家庭教師、オンライン家庭教師どちらでも選択できます

オンライン指導でも訪問型指導と同じ学習指導がうけられます!

メガスタのオンライン指導なら、どこにお住まいでも日大第三中学・高校の対策ができます。映像授業とは違い、顔と手元を同時にパソコンに映しながら、リアルタイムで学習指導を行います。日大第三中学・高校の授業で理解が不足している箇所や、定期試験対策まで指導を行います。
ご自宅に家庭教師が訪問できない地域にお住まいの方や、自宅が最寄駅から離れているという方はもちろん、部活で帰りが遅い、自宅に講師を呼ぶのが負担に感じるというご家庭の方にもご利用いただいています。

日本で唯一メガスタだけ画期的な授業システムを用意

「顔(表情)」と「手元」を2画面で同時表示できる日本唯一のオンライン指導システム

  • 生徒の方の微妙な表情の変化や、手元の動きを見逃さず、学習指導します。
  • 手元が鮮明に写るので、質問や問題を解きながらの解説もスムーズです。
  • 安定稼動率は99%以上。途中で切れたり、会話にタイムラグが発生する心配はほとんどありません。
    ※ご自宅のネット環境に不具合が発生した場合は除きます。

かんたん動画で分かる!

実際のオンライン指導の様子を
動画でご覧いただけます。

「メガスタって?」 「どんな学習指導をしてくれるの?」 「オンライン指導でも成績が
上がるの?」
など、みなさんの疑問を映像で解決!
家庭教師によるオンライン指導の様子もご紹介します。

成績保証・返金保証、2つの保証制度のご案内

安心して指導をスタートしていただくことができます

メガスタでは生徒さん、保護者の方に不安なく家庭教師を始めていただくために2つの保証制度を設けています。

前回定期テストより点数が上がらなかった場合に、最大1か月分の追加授業が無料になる「成績保証制度」。

また、オンライン指導を受けていただき、指導を続けることができないと判断された場合、頂いた入会金15,000円と4回(コマ)分の授業料を全額返金させていただく「返金保証制度」もご用意しています。

どれも私立専門家庭教師として自信を持っているメガスタだからできる保証制度です。ぜひ安心してメガスタの家庭教師をご利用ください。

成績アップのために全力を尽くします!
日大第三中学・高校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

ご存知の通り、日大第三中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、日大第三中学・高校で成績を上げるには、「日大第三中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの日大第三中学・高校のお子さんを指導してきました。私立専門家庭教師のメガスタが日大第三中学・高校に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

  • 日大第三中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 「全国で唯一の私立専門オンライン家庭教師です
  • 日大第三中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 「内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます

日大第三中学・高校に詳しい家庭教師をお探しの方は、ぜひメガスタにお問い合せ、または無料の資料をご請求ください。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!