聖徳学園中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
聖徳学園中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

聖徳学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、聖徳学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
聖徳学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

聖徳学園中学校・高校について

聖徳太子の「和の精神」を建学の基盤としています。「個性」創造性」「国際性」を教育方針に掲げ、一人ひとりの可能性を伸ばし未来を育むとともに、思いやりと品格を育てることを目指しています。

中学では、選抜クラスと進学クラスがあります。選抜クラスは、国公立大・難関私立大への現役合格を目指し、進学クラスは、系列大・短大進学など幅広い進路に対応しています。
選抜クラスでは中1から英語・数学・国語、進学クラスでは中2から英語・数学が3段階の習熟度別の授業になります。クラスの習熟度によって、使うテキストも授業内容もテスト内容も変わります。

聖徳の英語では、暗記一辺倒の授業ではなく、生徒の興味を重視し、「覚える」から「研究する」までを一貫指導します。ネイティブ教員によるオーラルコミュニケーションの授業では生きた英語に触れます。
また、学習診断を年6回実施し、指導が必要な生徒には補習を用意しています。
受験に備えた「進学セミナー」は放課後に開校します。

高校になると、外部生に向けては放課後に補習が開かれます。なぜなら、内部生はすでに高1の内容を履修しているからです。外部生と内部生との、進度差を埋めるための補習になります。最初のうちは大変ですが、効率よく勉強をして、早い段階で内部生と学習進度を合わせられるようにしましょう。

面倒見もよく、大学受験対策も考えられている学校ですが、聖徳の場合、下位クラスでは上位大学進学がなかなか厳しい状況です。
聖徳のカリキュラムに合わせた毎日の学習で、できる限り上のクラスに進めるよう対策していきましょう。

聖徳学園中学校

英語

教科書は、中1では聖徳学園のオリジナルテキストを使用します。オリジナルテキストに沿ったCDも配布されます。このテキストをきちんと理解できれば、英語の実力は相当なものになります。
ただ、このテキストは、市販の教材には準拠しておらず、参考書・問題集・通信教育などでは対策が難しいです。その上、文法を分かりやすく学べる体裁にはなっていないので、文法に関しては自主的な学習が必要です。学校の進度に対応した単元の文法をしっかり頭に入れるようにしましょう
まずは、授業をしっかり聞いて、授業内容を理解することが大切です。聖徳のカリキュラムに合わせて対策するようにしましょう

ページトップへ