帝京八王子中学校・高校

学校写真

帝京八王子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、帝京八王子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
帝京八王子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

帝京八王子中学校・高校について

校訓に「礼儀・努力・誠実」を掲げ、しつけと健全な学校生活を基本とした指導を実践しています。進路指導も徹底しており、大学受験対策にも力を入れています。

授業進度は速く、中1・2で中学の全課程を学習し、中3からは高校の内容の先取りに入ります。主要5教科に重点を置いたカリキュラム編成で、英語・数学は習熟度別授業です。
英検は中学で全員が3級合格、高校で2級合格を目指しています。

特色があるのは、英語教育です。中1から高2まで週7時間ずつ英語の授業があります。うち、週2時間は、AET(アシスタントイングリッシュティーチャー)と英語科の先生とのティームティーチングで授業が行われ、一人ひとりのレベルに合わせたきめ細やかな指導が受けられます。また、コンピュータを用いて、楽しみながら英語力を養える工夫がなされています。

帝京八王子は補習に力を入れており、週1回、基礎学力定着のためにα補習実力養成のためにβ演習を実施しています。その他、定期考査対策演習などの講座もあります。
放課後には、予備校のサテラインゼミを導入しており、常時補習と受験指導を行っています。難度の高い内容にも取り組むことができます。

このように、大学受験指導にもかなり力を入れている帝京ですが、内進生のほとんどは、帝京大学グループへ進学します。無試験入学制度で帝京大学グループ各校へ進学する場合、事前学習講座を受けます。
他大学受験を目指している場合は、帝京八王子の学習に加えて、自分でもプラスαの対策をしていく必要があるでしょう。学校の勉強の方は、早い段階で学習リズムをつかんでしっかり予習・復習できれば問題ありません。その上で、自主的に大学受験対策に取り組むようにしていきましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ