帝京大学中学校・高校

学校写真

帝京大学中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、帝京大学中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
帝京大学中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

帝京大学中学校・高校について

帝京大学中高は、豊かな学校生活をとおして、心身ともに健康で想像力と責任感に富む生徒を育成していくという方針をとっています。

また、帝京大学中高では、基礎学力をつけるために、日々の学習が不可欠なものだと考えられています。そのため、生徒達は、定期試験ごとに学習計画表を作成します。

勉強面を非常にしっかり見てくれる学校で、教員は、この学習計画表を見ながら個人面談をし、アドバイスを行うことで無理なく継続できる学習プランを作成します。

朝講座(朝のSHRの時間に行う小テスト) では、10分間で英単語・計算問題・漢字の書取りをそれぞれ週1回実施しています。夏休みには夏期講習も開かれます。

授業の難度はハイレベルです。中学のうちから習熟度別クラスで授業が行われ、高2になると、志望進路別(東大・国公立文系、東大・国公立理系、早慶・国公立文系、早大国公立理系)のコースに分かれて学習します。

課題量や小テストなども多く、勉強する内容も多いですが、「するべきこと」という感覚で着実にこなしていくお子さんが帝京大学には多いです。

そんな中で成績を上げるためには、自主的に深い内容や発展的な問題まで取り組んでいく姿勢がとても大切になってきます。毎日の予習・復習に加えて、分からない問題は質問へ行ったり、先生にプリントをもらいにいって問題演習量を増やしたりなど、積極的に勉強に取り組みましょう。

帝京大学中学校

英語

3~4クラスの習熟度別授業

帝京大学中学校の英語は、習熟度別授業になっています。
授業内容は独自性があり、多文多読やレシテーションテスト(英語スピーチ)なども行われます。
英語が苦手な生徒さんにはなかなか大変な内容ですが、毎日きちんと復習し、理解することで苦手を穴埋めしていくことが大切です。

授業の進度

中3では高校の先取り学習

中3になると、理解や適性に応じて、Ⅰ類・Ⅱ類のクラス編成を行います。
授業では、通常のテキスト以外に、サイドテキスト、問題集などを使用し、英・数・国を中心に高校の内容の先取り学習を行います。
高校の内容に入ると、急に難易度が上がります。しっかりと授業についていくためには、理解不足の内容をそのままにしないことがとても重要です。つまずいたら、すぐに分からない箇所を穴埋めするようにしましょう。

帝京大学高校

大学受験

ハイレベルな志望大学別指導

帝京大学高校では、高2からは進路別に東大・国公立(文系・理系)、早慶・国公立(文系・理系)の4つコースに分かれます。

高3の各演習では、生徒の志望大学に合わせたオリジナル教材を使用して、添削指導や個別指導を行います。
難関大受験で要求される記述力、表現力を育てることを目標にしており、授業の難度はハイレベルです。
難関大学への進学を希望する場合、まずは授業にしっかりとついていく必要があります。課題量や小テストが多いですが、やりっぱなしにしないよう、復習などは自主的に計画立てて行いましょう。さらに、授業で出された課題以外にも、発展的な問題まで積極的に取り組んでいく姿勢が大切です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ