高水高等学校付属中学校・高水高等学校
指導実績全国ナンバー1
高水高等学校付属中学校・高水高等学校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

高水高等学校付属中学校・高水高等学校のご家庭の方へ

このページでは、高水高等学校付属中学校・高水高等学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
高水高等学校付属中学校・高水高等学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

高水高等学校付属中学校・高水高等学校について

〈中学1年・2年〉〈中学3年・高校1年〉〈高校2年・3年〉と2年ごとの3段階方式で、それぞれの心身の発達段階を踏まえた目標を掲げ、それを実践する独自のカリキュラムを設定しています。大学入試を前提に各教科科目の内容を精選すると共に、中1入学時から充分な配当時間を設定してムリなくムダなく着実に学力アップをはかっています。特に英語・数学・国語については中学3年から高校課程へ入り、先取り学習及び放課後学習も含めた徹底強化により、高校3年次には入試演習中心の授業が展開されます。

7時限授業と土曜日の有効活用により、理科・社会にも多くの時間を配当して、実験や実習の時間を確保しています。理社は、将来の職業や研究分野を選び取る上で重要な役割を果たす教科であるということを前提に、特に中学校段階においては実験・考察や調査等の実習に重きを置き、総合的な学習時間との協働体制を築いています。 学びの姿勢や意欲をひきあげ、高校段階で高い目標に向かってひた走る、努力の好きな生徒を育てていきます。

高水高等学校付属中学校

コース編成

中学から入学した中高一貫(6年制普通科)があります。高校からの入学も可能です。

学習

高校2年修了時にセンター試験に対応できるような学力定着を目指した授業展開を中学時代からされています。

また、定期テスト以外に、年に3回「楽学テスト」があります。これは学校独自の課題テストで、生徒の自主学習の習慣づけを目的としたものです。

ページトップへ